いつもよりお肌がきれい!ちょっとしたことで化粧ノリが変わる!

女性にとってメイクは重要なものであり、自分自身を表現する一つの方法です。メイクをすることで自信につながる人もいます。しかし年齢と共に化粧のノリが悪くなったり、メイクの仕方が悪くて化粧ノリが悪いといった悩みを抱えている人もいます。化粧ノリが悪いと気分も落ち込んでしまいますよね。化粧ノリを良くする方法があるのでぜひ試してみてくださいね。

まずはメイクする前にしておくことがあります。メイクで使用するパフやスポンジはこまめに洗っておきましょう。ついつい面倒臭いからとパフを洗うのをさぼってしまう人って多いですよね。汚いパフを使っていると化粧のノリが悪いのはもちろん肌荒れの原因にもなります。二日に1回程度洗うのがベストです。何個かパフを用意しておくと毎日洗う必要がないのでいいですね。パフは100均でも売っているので大量に購入して定期的に新しいものに変えるようにしましょう。

そしてどうしても顔に生えてしまう産毛。これもない方が化粧ノリが良くなります。顔専用のカミソリも販売されているため、自分で産毛を剃ってから化粧すると化粧ノリが良くなるでしょう。しかしお肌が敏感な人はカミソリに負けてしまう恐れもあるため、お肌の状態を見てきめましょう。

そしてスキンケアをした後すぐにメイクをしようとしていませんか?お肌に乳液などが残っているとメイクしずらくなります。メイクがよれてしまうためしっかり浸透してメイクしましょう。大体スキンケアが終わって15分程度たってからメイクを始めるのがいいでしょう。

またメイクの際は化粧下地を使うようにしましょう。化粧下地を使用することでお肌の凸凹をカバーしてくれるため驚くほど化粧ノリが良くなります。毛穴も隠せますし、化粧崩れ予防にも繋がります。そしてファンデーションをあれもこれも重ね付けしないようにしましょう。年齢を重ねるとついつい化粧下地にリキッドにパウダーにといろいろと重ねてしまいがちです。その点は塗り過ぎずコンシーラーなどでカバーするようにして、ファンデーションを付けた後はそっとティッシュで押さえて余分な油分を取るようにしましょう。

メイクといっても前準備をしっかりしておくと化粧の状態も大きく変わってきます。時間がたってもきれいなメイクのままでいたいですよね。ちょっとしたことでメイクの仕上がりも変わってくるため今一度自分のメイク方法を見直してみましょう。いくつになってもきれいと思われるようにしたいですね。